なぜフランスの出生率が低下? 充実した子育て支援も3年連続減 | NewSphere. フランスにおける人口問題と家族政策の歴史的展開 ─第一次世界大戦前を中心として─(上) 深澤 敦ⅰ 18世紀半ばから出生率が低下し始め,世界で最も早く1864年に高齢化率が7%に達したフランスにとっ 出生率とは. フランスの出生率が、2017年で3年連続の低下となった。政府の手厚い支援が子供を増やすインセンティブになっていると見られていただけに、フランス国内では衝撃的に受け止められているようだ。出生率低下の理由は何であろうか。 フランスは先進国中で最も早く、19世紀から出生率が低下し始め1930年頃から少子化対策を国家的課題とし、いろいろな研究がなされてきました。その中で不景気になり失業率が高くなれば合計特殊出生率も下がることが結論づけられていますが、まさに日本のバブル後とあてはまります。完全 … 出生率と女性の社会進出とはどのような関係があるのでしょうか。国際データによると、1970年頃は、出生率と女性労働力率は負の相関がありましたが、2000年には正の相関となっています。そうした中での日本における相関関係は、どのように変化したでしょうか? 1 2018年の出生数(91万8,400人)から5万3,166人の減少であり、「86万ショック」と呼ぶべき状況。. 日本の合計特殊出生率は、H24年で1.41です。 この数字は人口置換水準の2.08よりも低いため、 人口がどんどん減っていくといくことになります。 ちなみに、諸外国との比較は以下の通りです。 少子化対策とは、この1.41という数字を なんとか増やしたい、ということです。 それでは、 日本の合計特殊出生率の低下した原因は、 一体、何なのでしょうか? ノルウェー統計局によると、2019年の合計出生率は統計開始以来最低の1.53(移民系を除くと1.48)となった。2009年の1.98から10年連続の低下である。 20代の急低下と、30代前半が低下に転じたことによる。 第一子出生平均年齢も2010年から1.7歳も上昇して30歳に迫っている。 婚姻率も1973年には概ね10.0程度だったものが、2016年には5.0と過去最低の婚姻率を記録し、低下傾向にあります。 婚姻件数や婚姻率の低下には、未婚化や晩婚化が進行していることが要因にあり、出生率にも影響してきます。 出生数は86万5234人で、前年の91万8400人より5万3166人減少し、出生率(人口千対) は7.0で、前年の7.4より低下している。 出生数を母の年齢(5歳階級)別にみると、すべての年齢階級で前年より減少 … フランスは、高い特殊合計出生率と女性の就業率を誇っている。一人の女性が一生の間に何人の子供を産むかというという特殊合計出生率の値は、2010年2.01を超え、世界の注目を集めた。近年においても、2016年は1.93、2017年は1.88という比較的高い特殊合計出生率を維持しつつ、高い女性就業率を維持している。16歳から64歳の女性の就業率は、2005年から2015年の10年間に3.2ポイント上昇した後、ほぼ横ばいを維持しており、2016年には67.6%(男性の就業率は+0.3ポイント75.5%)である。このよ … フランスにおける人口問題と家族政策の歴史的展開 ─第一次世界大戦前を中心として─(上) 深澤 敦ⅰ 18世紀半ばから出生率が低下し始め,世界で最も早く1864年に高齢化率が7%に達したフランスにとっ 出生数は86万5234人で、前年の91万8400人より5万3166人減少し、出生率(人口千対) は7.0で、前年の7.4より低下している。 出生数を母の年齢(5歳階級)別にみると、すべての年齢階級で前年より減少 … フランスの出生率が、2017年で3年連続の低下となった。政府の手厚い支援が子供を増やす インセンティブに... 概要を表示 フランスの出生率が、2017年で3年連続の低下となった。 いずれにしても、フランスの出生率は日本の1.43と比較して0.45も大きい。. フランスの高い女性労働力率と出生率を支えるもの ①家族手当と税制 多子家庭に手厚い家族手当等 第2子以降への家族手当(所得制限なし、19歳まで) 子ども1人ゼロ 子ども2人月112.59 ユーロ(約15,000円) 子ども3人月256.83 ユーロ(約35,000円) 特に大きな上昇が見られたフランスやスウェーデンでは先の記事でも触れたように「嫡出でない子」の割合の増加、子育てや就労に関する選択肢� ノルウェー統計局によると、2019年の合計出生率は統計開始以来最低の1.53(移民系を除くと1.48)となった。2009年の1.98から10年連続の低下である。 20代の急低下と、30代前半が低下に転じたことによる。 第一子出生平均年齢も2010年から1.7歳も上昇して30歳に迫っている。 フランスでは長く出生率は欧州諸国の中で比較的高い位置にあったが、1980年代以降急速に下がり1995年には過去最低の1.65人にまで低下した。 その後政府は出生率を人口置換水準である2.07人にまで改善させる事を目標と定め、各種の福祉制度や出産・育児優遇の税制を整備した [47] 。  フランスの国立統計経済研究所(Insee)によれば、2017年に生まれた新生児は76万7000人で、2016年から1万7000人減少した。出生率は、2014年の2.0、2016年の1.92から1.88まで低下している。それでも欧州では最も高い数字だが、ル・フィガロ紙は、「世代の更新は約束されなくなった」とし、今後の人口増は移民に頼ることになりそうだ、という専門家の意見を悲観的に報じたという(フィナンシャル・タイムズ紙、以下FT)。, FTによれば、フランス政府はこの10年間変わらず、GDPの約2.5%を子供や母親への社会保障給付に支出しており、その他の施策や税控除も含めれば、GDPの4%ほどになると推定される。長期の出産休暇、充実した保育施設、家族手当、寛大な税控除などが、出産を促してきたと見られている。, ◆平等を壊した所得制限。心理面で影響? その後、第2次ベビー ブーム期を含め、ほぼ2.1台で推移していた が、1975年に2.0を下回ってから再び低下傾 向となった。. フランスでは1964年頃から出生率が低下、1994年には1.65まで下降。ところが翌1995年から徐々に上昇し始め、2003年は1.89、2007年には1.98まで回復。同年1.34の日本とは対照的に、ついにはEU 25ヶ国のなかでもトップクラスの「合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生む子供の平均数)」を誇るように … フランスでは1964年頃から出生率が低下、1994年には1.65まで下降。ところが翌1995年から徐々に上昇し始め、2003年は1.89、2007年には1.98まで回復。同年1.34の日本とは対照的に、ついにはEU 25ヶ国のなかでもトップクラスの「合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生む子供の平均数)」を誇るように … 5人組の女性に換算すると、子どもが約7.1人なのが日本、約9.4人なのがフランスということになる。. 少子化とは出生率が低下し、子どもの数が減少することを表した言葉です。 日本で初めて使われたのは1992年に出された国民生活白書で、出生率の低下やそれに伴う家庭や社会における子ども数の低下傾向を「少子化」、子どもや若者が少ない社会を「少子社会」と表現しています。 さらに15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計したものを「合計特殊出生率」と定義しており、1人の女子が仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に産むとしたときの子どもの数に相当します。 「合計特殊出生率」が … 日本の合計特殊出生率は同年で1.43なので、少子化が問題となっている日本よりも低いことになります! イタリアの少子化は昔から・・・ イタリアは、長年に及び出生率が低下し少子化の一途を辿っていま … フランスの出生率が、2017年で3年連続の低下となった。政府の手厚い支援が子供を増やすインセンティブになっていると見られていただけに、フランス国内では衝撃的に受け止められているようだ。出生率低下の理由は何であろうか。, ◆子育てに優しい施策。それでも子供は増えず 移民の出生率が非移民に比べて高いが、2009年、2014年、2017年の数値を見る限り、全体の出生率を0.09~0.11ポイント押し上げているに過ぎない。その分を差し引いても、フランスはヨーロッパで高い水準である。この傾向は第二次世界大戦後75年間続いている。これは家族支援政策の影響が大きい。 https://www.insee.fr/en/statistiques/2593184, http://www.independent.co.uk/news/world/europe/french-birth-rate-hit-lowest-level-40-years-france-young-women-stable-situations-havingchildren-a7533951.html, https://www.weforum.org/reports/the-global-gender-gap-report-2017. 低下を続ける出生率。少子高齢化はもはや避けられない流れとなっています。しかしながら、どうして出生率の低下が起こるのか、何か対策することはできないのかと疑問を感じる人もいると思います。その原因と、現実的に考えて対策は出来るのかをまとめました。 フランスも1990年台には出生率が低下し1.73だったが、2000年代に回復して2015年に2.01になった。 出生率が2.0を超えたのは欧州で最高にして唯一であり、世界中で「フランスを見習え」となった。 確かに、フランスでは、合計特殊出生率が1990年代半ばに1.65まで低下し たものの、その後急速に回復して2006年には2.00に達しており、それがフラ ンスの少子化対策の成果であるかのような報告もみられ … フランスの高い女性労働力率と出生率を支えるもの ①家族手当と税制 多子家庭に手厚い家族手当等 第2子以降への家族手当(所得制限なし、19歳まで) 子ども1人ゼロ 子ども2人月112.59 ユーロ(約15,000円) 子ども3人月256.83 ユーロ(約35,000円) 我が国の年間の出生数は、第1次ベビーブーム1期には約270万人、第2次ベビーブーム期には約200万人であったが、1975(昭和50)年に200万人を割り込み、それ以降、毎年減少し続けた。1984(昭和59)年には150万人を割り込み、1991(平成3)年以降は増加と減少を繰り返しながら、緩やかな減少傾向となっている。 なお、2011(平成23)年の出生数は、105万806人と前年の107万1,304人より2万498人減少した。 次に、合計特殊出生率2をみると、第1次ベビーブーム期には4.3を超えていたが、1… さまざまな経済予測の中で人口予測は一番確実な統計といわれる。国立社会保障・人口問題研究所が5年に一度の国勢調査結果などを基にまとめている「将来推計人口」によると、日本の総人口は2010年の1億2800万人をピークに減少に転じ、2040年には1億728万人となり、現在より2000万人以上も減る見通し。国土交通省の試算では、2050年には9700万人台まで減少し、1億人を割り込むという。 人口減の影響は、そこまで先では … まず、出生率の低下の原因の一つが、金銭的な問題ですね。 経済的な理由から、子供を作ることを断念する人は 少なからず存在しています。 いくら補助があるとはいえ、子供が出来ればお金がかかるのは 揺るぎのない事実です。 日々の生活費を全て負担してくれるわけではありませんし、 全て負担するほどの財源も国にはありません。 そうなってくると、経済的に余裕のない家庭は 子供を作ることを敬遠するのも事実です。 子供を … たしかにフランス、そして、スウェーデンなどの北欧諸国は、1980年頃、出生率が2を大きく割り込み、1.6程度まで低下した。しかし、それ以降、政府の少子化対策が進み、多少の上下はあるものの、2015年には、出生率は1.92(フランス)、1.85(スウェーデン)まで回復している。 フランスの出生率が低下する一方で、隣国のドイツでは出生率が上がっています。16年には1.59に上昇し、1970年代前半の水準にまで戻りました。 移民の出生率が非移民に比べて高いが、2009年、2014年、2017年の数値を見る限り、全体の出生率を0.09~0.11ポイント押し上げているに過ぎない。その分を差し引いても、フランスはヨーロッパで高い水準である。この傾向は第二次世界大戦後75年間続いている。これは家族支援政策の影響が大きい。 フランスの出生率が低下する一方で、隣国のドイツでは出生率が上がっています。16年には1.59に上昇し、1970年代前半の水準にまで戻りました。 フランスの国立統計経済研究所(Insee)によれば、2017年に生まれた新生児は76万7000人で、2016年から1万7000人減少した。. 出生率と女性の社会進出とはどのような関係があるのでしょうか。国際データによると、1970年頃は、出生率と女性労働力率は負の相関がありましたが、2000年には正の相関となっています。そうした中での日本における相関関係は、どのように変化したでしょうか? 日経BizGate会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。, いずれにしても、フランスの出生率は日本の1.43と比較して0.45も大きい。5人組の女性に換算すると、子どもが約7.1人なのが日本、約9.4人なのがフランスということになる。3年連続で減少したといっても、この水準のことをいっているわけである。, 出生率を年齢階層別にみると、20代前半まで(15~24歳)0.25、20代後半から30代前半まで(25~34歳)1.19、30代後半から40代(35~49歳)0.4となっている。全体の出生率が最高の2.03だった2010年と比較すると、全体では93%に減っているのだが、15~24歳が78%、25~34歳が92%、35~49歳は110%と、若い世代ほど落ち込みが大きい。20代から産み始めるよりも、30歳前後から産み始める傾向が強まり、全体として、晩産化が進んでいることがはっきりと出る結果となった。, 初産の平均年齢は1970年前後には24歳だったのが、2010年時点で28.1歳になっている*3。いかに経済的な子育て支援策や母親の育児負担軽減策が充実していても、1人目を産む時期が遅くなれば、どうしても2人目、3人目に進みにくくなるのは洋の東西を問わない。産み始めが遅くなると生涯に持つ子どもの数が減ってしまうのは、なかなか避けられない。, フランスの人口に関するデータを統括する国立統計経済研究所(Institut national de la statistique et des études économiques:Insee)によると2015年時点で新生児の5%の母親が40代で、初産の高年齢化も続いている*4。平均出産年齢は2017年に30.7歳と、1977年時点の26.5歳から一貫して高くなっている。, *4 Insee INSEE Focus No.64, 2016年9月29日発表。出所:https://www.insee.fr/en/statistiques/2593184, 若い世代ほど子どもを産まなくなっているという傾向の背景には何があるのか。この原因については複数の説がある。1つは、2015年に子どものいる家庭向け現金給付が一部カットされたことを皮切りに、中間層が負担をより大きく感じるようになり、低所得層も危機感を強めていったとする、経済的支援策の後退をきっかけとするものだ。若い世代は比較的低所得なので、経済的負担に敏感であるという見方に基づく。, 他方で、その影響は限定的だとする意見や、女性がより高学歴になり安定的な仕事探しを志向するようになったことが主因だとする見方もある。Inseeの専門家は2016年の数字が出た時点で、「女性が教育を受けて安定的な仕事に就くまで子作りを先送りしている」とメディアにコメントしている*5。, *5 例えば英国インディペンデント紙、2017年1月18日付。出所:http://www.independent.co.uk/news/world/europe/french-birth-rate-hit-lowest-level-40-years-france-young-women-stable-situations-havingchildren-a7533951.html, フランスといえば、クリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事を象徴に女性の社会進出が進んでいるイメージもあろうが、女性が経済の面で特に活躍しているかというと、それほどではない。, 「世界経済フォーラム」という団体が発表する「ジェンダー・ギャップ指数」という指数がある。これは、経済、教育、健康、政治の側面から男女の格差を指数化し、国別のランキングをつけるものだ。その2017年版*6によると、全世界144カ国を通算したジェンダー・ギャップ指数は0.68である。これは68%まで平等が達成され、32%は不平等が残っていることを意味する。全世界でみて、健康については96%、教育については95%と、ほぼ100%に近く平等になっているものの、経済では58%、政治では23%にとどまっている。いわば、この2つの分野での女性参画度合いで差がつきやすいことになる。, *6 世界経済フォーラム[2017]「ジェンダー・ギャップ指数2017」2017年11 月公表。出所:https://www.weforum.org/reports/the-global-gender-gap-report-2017, フランスの総合ランキングは、男女格差の小さい方から11位に位置しており、スコアは0.778である。ベスト3とフランス・ドイツ・イギリス、及び日本の順位は図表2―2のとおりとなっている(総合のみカッコ内スコア)。, どの国でも順位でみるとバラツキがあるが、先に述べたように全体の水準が高い教育と健康についてはわずかな差でも順位に大きく影響する。全体1位のアイスランドでも、健康では0.969ながら114位になってしまう。アイスランドが全体1位になったのには、政治分野の1位が寄与している。スコアは0.750だったが、2位の中米・ニカラグア(0.576)を大きく引き離しており、他の3分野にはみられない突出ぶりとなった。, フランスでは政治は0.453と、数字としてはパッとしないが、順位でみると9位に食い込んでいる。また、経済では0.683となり、64位にとどまった。, 経済面の平等とは、「労働参加率」「類似業務における賃金格差」「平均収入」「指導的地位に占める比率(議員・上級官吏・管理職の比率)」「専門的職業に占める比率」の5つから測定される。, フランスにおいてこれら5つのサブ指標のなかで弱いのは、類似業務における賃金格差と、指導的地位に占める比率で、平均を下回っている。女性にパートが多く、管理職が少ないというわけだ。なお経済面の順位(64位)については、注意も必要だ。上位には、アフリカやカリブ海の国々が並んでおり、先進国ではノルウェーが0.816で8位なのが最高である。, *4 Insee INSEE Focus No.64, 2016年9月29日発表。出所:, *6 世界経済フォーラム[2017]「ジェンダー・ギャップ指数2017」2017年11 月公表。出所:, グローバルリーダーたちの過去、現在、そして未来。魂が宿る言葉。「LEADER’S VOICE」. フランスの出生率は2014年をピークに下がり続けている。 注目点は、この減少傾向が今後、長期化するのか、それとも一時的なのかということだ。inseeは出生率低下の要因の一つに、フランス人の出産・育児年代に当たる女性の減少を挙げている。つまり、1945年から1964年のベビーブームに生 … 前回記事では、先進国の中では出生率No.1のフランスが、何故に出生率が低下したのかの記事だったが、今回は、それまでに、出生率を上昇させた原因・理由を述べる。 晩婚化による出生率低下 晩婚化で出生率は低下する 第14回出生動向基本調査/国立社会保障・人口問題研究所. 日本の合計特殊出生率は同年で1.43なので、少子化が問題となっている日本よりも低いことになります! イタリアの少子化は昔から・・・ イタリアは、長年に及び出生率が低下し少子化の一途を辿っていま … 若年期の死亡率が低下すると人口が減りにくくなるので、この水準値は減少する。 [補説]現在の日本の人口置換水準は、2.07(平成25年、国立社会保障・人口問題研究所)。 じんこうちかんすいじゅん【人口置換水準】の意味 – goo国語辞書. 確かに、フランスでは、合計特殊出生率が1990年代半ばに1.65まで低下し たものの、その後急速に回復して2006年には2.00に達しており、それがフラ ンスの少子化対策の成果であるかのような報告もみられ … 昨今のフランスでは一人の女性が生涯に出産する出生率が2.0まで戻りました。 現在は少し落ちましたが、ここ10年くらい、フランスではいろいろな政策を組み合わせて1.6から2.0前後の出生率まで回復させ …  FTは、オランド政権下の2015年に、家族手当に所得制限が設けられたことが出生率を下げたと見ている。経済学者のアンリ・スタディニアク氏によれば、所得に関係なく全員に支給という制度は、母親の経歴や素性で差別せず、社会階層をまたいだ連帯感を保証したシステムだった。家族政策の支出全体から見れば微々たる削減額ではあったが、増々「搾取される」ミドルクラスにとってはさらなる福祉の削減であり、払うばかりで受け取る額が少ないという不満につながるということだ。, 一方エコノミスト誌は、所得制限で影響を受けたのは最も裕福な上位20%のみだと述べ、出生率低下の理由ではないとしている。経済状況が厳しくなったという見方もあるが、フランスの出生率は2008年から始まった金融危機の最悪の時期もかなり安定していたと述べ、これも理由ではないと述べている。, DIRECTIONは、NewSphereのアート&デザインセクションです。世界と繋がるミレニアル世代のための、クリエイティブな感性を養い、美意識の本質を探求するメディアです。, Signpostは、NewSphere のフード&トラベルセクションです。世界と繋がるミレニアル世代に向けて、世界の食文化と体験、暮らしぶりを紹介するメディアです。, NewSphereは、世界と繋がるミレニアル世代に向けて、国際的な視点・価値観・知性を届けるメディアです。. 平均出生子ども数は、 妻の結婚年齢が30歳未満の場合1.9〜2.0程度 であるのに対し、 30〜34歳の場合は1.5、 35〜39歳の場合は1.16 3年連続で減少したといっても、この水準のことをいっているわけである。. 昨今のフランスでは一人の女性が生涯に出産する出生率が2.0まで戻りました。 現在は少し落ちましたが、ここ10年くらい、フランスではいろいろな政策を組み合わせて1.6から2.0前後の出生率まで回復させました。 Nikkei Inc. No reproduction without permission. フランスも1990年台には出生率が低下し1.73だったが、2000年代に回復して2015年に2.01になった。 出生率が2.0を超えたのは欧州で最高にして唯一であり、世界中で「フランスを見習え」となった。 2. 1989年にはそれまで最低であっ た1966年(丙午:ひのえうま)の1.58を下 回る1.57を記録し、さらに、2005年には過. 国内出生数が2019年86.4万人と、前年比で5.92%も急減した日本。出生率が高いフランスやスウェーデンと何が違うのか。第2子以降を出産する女性社員が増えた日本企業の取り組み例は。少子化について考 … これを見ると、同期間のフランスの出生率が1817年の31.8から 1900年の21.3へと大きく低下していることが分かる。これに対しドイツ、英国の出生率 は19世紀を通じおおむね30を超えている14。19世紀のヨーロッパにおいて、フランスで は例外的に出生率の低下が起こっていたのである。この結果、1855年に仏独の人口は逆転 出生率とは. 特に、フランスやスウェーデンでは、出生率が1.6台まで低下した後、回復傾向となり、直近ではフランスが2.01(2011(平成23)年)、スウェーデンが1.90(2011年)となっている。これらの国の家族政策の特徴をみると、フランスでは、かつては家族手当等の経済的支援が中心であったが、1990 フランスの出生率が、2017年で3年連続の低下となった。政府の手厚い支援が子供を増やすインセンティブになっていると見られていただけに、フランス国内では衝撃的に受け止められているようだ。出生率低下の理由は何であろうか。 2)フランスフランスは、1世紀にわたり少子化に取り組んできた国です。出産育児にかかわる問題をひとつづつ解決し、たえず家族政策の改革、改善に取り組むことにより、少子化問題に向き合おうとして … 村上芽氏が著した書籍『少子化する世界』(日本経済新聞出版社)から4回にわたり、少子化における世界の現状について報告する連載。第2回では、先進国の中で出生率が比較的高いフランスの現状をみる。2006年以降、フランスにおける出生率は2.00前後で推…[2ページ目] 若年期の死亡率が低下すると人口が減りにくくなるので、この水準値は減少する。 [補説]現在の日本の人口置換水準は、2.07(平成25年、国立社会保障・人口問題研究所)。 じんこうちかんすいじゅん【人口置換水準】の意味 – goo国語辞書. 前回記事では、先進国の中では出生率No.1のフランスが、何故に出生率が低下したのかの記事だったが、今回は、それまでに、出生率を上昇させた原因・理由を述べる。