日本の映画館の常識では考えられない、超〜〜個性的でオススメな映画館たちです♪. ��ɺX(����l���Y>�w1������]`k��N53�l� lo3Ga���S���b[!��=��1��:;ɧ�.F�Bg�ڭb1���#�G�Y`k��Ƨq~D�`+a����S���o ܳ)� h�bbd```b``�"��I�� "���H�ɴ,~�� 1901 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[]/Index[1886 290]/Info 1885 0 R/Length 108/Prev 1388749/Root 1887 0 R/Size 2176/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。 ����3�l� ��J�ME� �F��d%�E�`+�ή�3�l� �[�Ҩ�T#tv�H�f1��:�$G��l� ���f1��:�φ�l������!b[!���A������e���V��j�^��B6�5�����]�N�Y�`+a7K/�g1��:�D9D�`+�ήY�P��B`v��V�#]|~�J��L_s�b[!�Yd�f���#'rrA~���K�Y� +a{O���b [#tvv��Y�`+a#�3[%b [#tv��Y�`+�ή�����7��"�5Bg�*��l� ��,*�b [#tvB؛Y�`+��n�K �l� �*g�]`k�ή.H �l� 삍��z���s ��b[!�:�xG1��:;ey�E�`+a7k#�x"�5BgG���,F�BgW�%�,F��#�X~����g���.�c�Y�`+a;��MD����-R�b[!ۻi��b [#tv��#� h�b```b``�������� € "�@�����QB�@v�655�� ���i/���!��g�]t�IhB풨�+s/f-+j�����z+��t }�`�Z��'��/��]m�Y�#4���gY����w��-�����.4[�t�a��:��La����Ɨ= m�>�N 先日「「映画離れ」は「映画そのもの離れ」と「映画館離れ」」で民間調査会社による経年調査の結果から、いわゆる「映画離れ」は「映画そのもの離れ」と「映画館離れ」の2要素で構成されているとの解説をした。今回はそれに連なる形で、映画館そのもののすう勢について、一般社団法人日本映画製作者連盟が年ペースで更新公開している「日本映画産業統計」を基に、確認していくことにする。 まずは映画館そのものの数の … cK��D���ÂE�d:Y����*��Jv:r�K��������e��e>(���]�/a�ܗ�d:ptm=M�,��ps�\_�����N����g����N��W�]s�|�Q#tv"7�b[!t6=�f#� さて、日本のスクリーン数が3,583スクリーンと書きましたが、このうち88.3%はシネコンのスクリーンです。シネコンにも全国チェーンから地元密着のものまで様々ですが、日本で最も館数が多いシネコンチェーンはどこでしょうか? endstream endobj 1890 0 obj <>stream A��7~��� �F���/B��W] k��.��J+b[!�9�6��l��ٹX�~#� しかしながら、一施設に複数のスクリーンを有するシネコンが普及したことにより、1995年以降、映画 館数は、一貫して増加。 ( ※2015年時点で、我が国のスクリーン数は、3,437スクリーン(映連発表資料)。なお、中国は31,627スクリーン(その A�Hq��b [#tv�\w#� � �����bu��������Tc����������3�*Pּ>��^��髛���������Zo�O�W�����ݣ�g�V�������}�m�ޞ�E�n:8:����ps��������WǏ���b� XH��U�7GO_�q���f�~}��l���˽�:�f�k�v��YmO�O/77����NlE�OG������������x����q���. 映画館で広いスクリーンのとこで見た時と座席数が少ないスクリーンで見るのでは迫力とかスクリーンの大きさは違いますか?全然違います。最近のシネコンは座席数の小さいシアターでも、それなりに迫力のある音響で楽しめるようになってま A���G�J� �F��S1��VŽ��]`k�Ύ�;�Y�`+��nщU,F���S��2�.�5Bg�"O��l� �"���b [#tvu��l#� k���]��`O���G܅}-�6O[������� t�RF���P����L�QPI��L���1\�`���e��l� @�� �y�X,� �P”�갰A�C������� ��5�h̳a4��m�*ϟ ���Dh������ ��&H�@C؊Ad�T �D���5�ȖP�30d/�G�?���/�*� ���� ドルビーアトモス採用で音響の良い映画館、imax導入で巨大スクリーンで鑑賞できる映画館、最近増えた4dを楽しめる映画館を挙げてます。全国の特色のある映画館一覧も記載。 %%EOF Z}��Ml��S�-�J�GeT\�c�P ���P�h.�����k���� �`�Uaõ���n�����q3�|�0�%w��aB��+���W�����ѿ>��?nOo�Wӫ������ 映画館スクリーン数は最近は微増出典:日本映画産業統計(一般社団法人日本映画製作者連盟)スクリーン数は、1955年に5,184から、2018年は3,561と約31%減っています。スクリーン数が一番多かったのは1960年の7,457。一番少なか 1886 0 obj <> endobj スクリーン数は、1955年に5,184から、2018年は3,561と約31%減っています。 スクリーン数が一番多かったのは1960年の7,457。 一番少なかったのは、1993年の1,734。 2000年以降はゆるやかに増加しています。, グラフを見て一目瞭然です。 2000年はシネコン(シネマコンプレックス)スクリーン数が約半数でした。 2018年は全スクリーン中、シネコンの割合が88.4%と約9割がシネコン。, 入場者数は、1955年に約86万人から、2018年は約17万人と約80%減っています。 入場者数が一番多かったのは1955年の868,912人。 一番少なかったのは、1966年の119,575人。 2000年以降は、ほぼ横ばいです。, 東京が圧倒的1位で、82館。 2位が愛知年、3位が神奈川県と大阪です。 全国平均は12.5館。, 1位は東京で、映画館数と同じですが、2位が神奈川、3位が大阪です。 映画館数では2位だった愛知県は、観客者数では4位になります。 全国平均は約402万人。, 1スクリーン当たりの人口(都道府県のスクリーン数÷人口)では、1位が福島です。 数字が大きいほど、1スクリーンをたくさんの人が見る、環境が良くないといえます。 全国平均は39,170で、東京は平均以下の37.652です。 東京は人口最多ですが、映画館環境は平均より良いということです。, 先に、上のグラフでデータがないところは、情報がないところです。 一番映画館で映画を見る県民は東京の2.1回。 2位が神奈川と大阪の1.7回。 全国平均は1.2回です。. H��T]kQ}��b��ޝ��B`?P�Z�`�)۴iM��nQ��sw�M�V�>��dΝ͹s��N��ۛ�����(����Y�/�,�W���]�A�v~�B���z��yV��p����5�g���9?�|�^���/a. �d� V $��}b`bd`V��8J���$9玆�(I}��h�j����; �$ 日本の映画統計を収録する映画関連資料、映画業界のウェブサイトを中心に紹介します。 そのほか、調べ方案内「総合統計」、「長期統計」の紹介ツールに、一部のデータが収録・掲載されています。. %PDF-1.5 %���� スクリーン数についても日本とアメリカはほぼ横ばいだが、中国に関しては市場規模と同様、急激な増加をみせ、2018年のスクリーン数は2012年の5倍と … endstream endobj 1887 0 obj <>/Metadata 77 0 R/OCProperties<>/OCGs[1902 0 R]>>/Outlines 116 0 R/PageLayout/SinglePage/Pages 1884 0 R/StructTreeRoot 137 0 R/Type/Catalog>> endobj 1888 0 obj <>/Font<>/Properties<>/Shading<>>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 1889 0 obj <>stream - 6 - Ⅱ.映画館の概況 - 映画館数、売上高、入場者数ともに大幅増 - ・映画館(スクリーン)数 2354館 (対平成 9年比 44.0%増) ・就業者数 1万4147人 ・年間売上高 2043億円 ( 〃 35.2%増) �?� R���?��!�� グラフを見て分かる通り、日本映画製作者連盟がデータを発表し始めた1955年から1960 年まではスクリーン数と入場者数の増加が好調であった。映画館市場の最盛期とも言え るだろう。しかしスクリーン数は1960 年に7,457、入場者数は1958 年に1,127,452 千 2175 0 obj <>stream 2017年の世界の映画館スクリーン数 国際比較統計・ランキングです。各国の映画館スクリーン数と国別順位を掲載しています。当該国内の商業用映画館のスクリーン総数。時系列データは2005-2017年まで … A�!�V�����|�#� 現代消費文化を斬る-若者が映画館から離れた「4つの理由」の記事ならニッセイ基礎研究所。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。 �C-P�I-J0�+�(�`��"�E6��Ŵ�sD1k-ORA�ZdzD�����: �~��7��UZc��ҝ�z���3{ endstream endobj startxref ��C�X��"R6�c��_ J��6�)�"����ؤ� h޴��n���(}Rz�| ")�t`��(ƂkrM-@r r �wy����6�寪މL�@Q��?Ӈ�����vv����l09�9���d�e��K�D1�Wդ¢�TI8k�k$�)ő�ԜU0�YVʱJ��@X��1�*��̽U�S��U\�����wƷL�ޛ`+���oYE�g�:��|6!nQLȍ��&T��5[ ��e`xtlA�&� #[��)s�d`2��&V�-�&����l�p�cK�A�Ѥ�I1P��MJ�Z�`R����#�ɤ�~��d��E1�nQ1m�[4����dMNn��-��`�E65��bj�9�����fj�9*� :�B まずは、映画館数(スクリーン数)の推移です。下の図の通り、その数は近年、横ばいで推移しているようです。 内訳をみると、一般館が減少する一方、シネコン(同一運営組織が同一所在地に5スクリーン以上集積して名称の統一性<1、2、3…、A、B、C…、等>をもって運営している映画館)が緩やかに増加しています。 なお、2015年の映画館数(スクリーン数)は3,437。近年では最も多い数となっています。過去をさかのぼると、1960年の映画館数が7,457となっており、時代を感じる数字となっています。 平成27年度の観客動員数、映画館数、封切本数を(表-2)に示している。平成27年度の興行収入 217,119百万円、年間1人当たり入場回数1.371回、年間1人当たり平均入場料1,266円、年間公 開本数1,136本であった。 2.映画館数の推移 1.映画館数・スクリーン数・観客数 わが国の、映画館観客数が最も多かったのは、1958年(昭和33)、11億2745万人で、当時、全国に7000 館をこえる映画館があった。戦後の復興が進み、大手五社による映画の製作体制が確立し、次々に映 ただ、最盛期の頃は一つの映画館に一つのスクリーンというのが定番でしたが(つまり7,000軒ぐらいの映画館があった)、今は複合型映画館=シネマコンプレックス(通称:シネコン)が全体の9割になるので、映画館の建物数でいうと400軒強となっています。 $u�@l�� �n 映画料金の値上げで映画なんて見てらんねー!って思いますよね。年毎の映画料金や入場者数、スクリーン数などを見ていくと、映画館業界は緩やかに衰退していくのではないか、と考えるようになりました。それについて考察しています。 そもそも映画館とは、迫力のある大スクリーンで、様々な視覚効果・音響効果をストーリーと共に楽しむ場所。 0 シネマコンプレックスを運営する各社の資本関係は大きく変わりつつある。2009年9月30日に松竹マルチプレックスシアターズの資本から三井物産が撤退し、松竹の完全子会社になった。 2011年3月1日には同社に松竹が映画興行事業を移管した。 �f}���L�c���CȭT�7� g�ݢ磫7�|�ώ�l^~���v�0�c��#�RO�vS��T�����!�{A����>���%��ʷ�������A2���;�i�7��WkTZ��xn��1�g���Q���qV�Gq��8��S�E��K�v?��>�ߙvi��,�:�^�}����_|{���8�c���Z��:�r��N��;��w��m�� �+���"�Jʣ4�W�38&lk�����RW]��&5��J����*/������@���|�-JΤ��:��p�*,h�æ��e�$�U�R���������(�"Uw=K6�n%mI86C�B5���KZ\TK�x�[́�j$���ԯ���ȊƆMiEXE�F)J�:��6cx��Q�#�86cf{�t���"6g�'��e���{u��E!�ؚa+vD�vŷ�nF�`��`�"RᶬҎB����J ۄ������Y�i�� q��nʀ( ��F��m�S��7�CL�8����c ��� ��3f?� ?�s[��AV���c�N��{��D��,FpBg7�&#� 映画にまつわる数字を紹介。入場人員、一人あたりの年間視聴観賞数、興行収入、映画1回の観賞に使う平均金額、映画公開本数、邦画と洋画のシェア、映画館スクリーン数とそれらの推移、歴代興行収入ラ … スクリーン数が6年間で5倍 急増する中国の映画館. その答えは映画館数の増加にありました。 銀座館スクリーン数の経年変化を見ていくと、2000年代初頭からシネマコンプレックス(通称シネコン)の拡大を受けて、スクリーン数は増加傾向にあり、わずか20年で、1000スクリーンも増加しています。 日本一の大スクリーンを誇った名古屋ヘラルドシネプラザ1(旧中日シネラマ劇場)が閉館になった時は胸が締め付けられる思いがした。 器がでかいというのはホームシアターでは物理的に無理な世界を味あわせてくれる映画ファンの夢の空間なのだ。 日本全国にある映画館の都道府県ランキングです。47都道府県ごとの劇場数・スクリーン数・座席数をランキングにまとめました。※数値は調査時のものです。映画館「劇場数」の都道府県ランキング第1位 東京都81 施設 人口あたりの劇場数:全国7位>> 日本の映画館の中でスクリーンサイズが最大のところってどこなんだろう? と思い、調べてみました。 調べてみると、 公表されていないところもあったり、 スクリーンサイズと作品ごとの上映サイズは違うので、 大きさのランキング付けが難しいということが分かりました。