アマミノクロウサギ(奄美野黒兎 、Pentalagus furnessi)は、哺乳綱兎形目ウサギ科アマミノクロウサギ属に分類されるウサギ。 本種のみでアマミノクロウサギ属を構成する [2] 。 Copyright © 2011 hirakawa zoological park All Rights Reserved. 何カ所か、動物たちと触れ合える施設はあるのですがアマミノクロウサギを飼っている動物園は現在のところ、どこもないようです。 絶滅危惧種に指定されて国の天然記念物ですから、生息数が少なく簡単に保護してはいけないというルールがあるのかもしれませんね! アマミノクロウサギの手足を見てみると、がっしりとしていて爪が頑丈にできています。 巣穴を深く掘るからこそ、この形状 なんです! 奄美では素早いハンターがいないので、アマミノクロウサギも速く走れるよう進化しないまま現在までこの姿のままでやってこれました。 アマミノクロクサギ特別公開国の特別天然記念物で夜行性のアマミノクロウサギ2匹が24日、鹿児島市の平川動物公園で特別公開された。飼育担当者が治療の状況や自然界での生息状況などを解説。 動物園および水族館での個体繁殖においてすぐれた功績のあった国内の組織団体に、授与される古賀賞。 ・1992年 「アマミノクロウサギの飼育研究」 「エンリッチメント大賞」実績 当園は過去にアマミノクロウサギを飼育し、動物園として初めて飼育下繁殖に成功した実績があります。 しかし、個体の高齢化や新規個体の導入が困難だったため、飼育が途絶えてしまいました。 みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。当園では、県内希少種の保護や域外保全活動を実施しています。その一環で、奄美大島と徳之島に生息する国の特別天然記念物「アマミノクロウサギ」の保護収容も行っています。現在3頭のクロウサギが当園の動物病院で飼育されており、定期的に検診を実施し、健康状態のチェックや必要な治療を行っています。非公開ですが少しだけ様子などを紹介したいと思います。, まず毎日の管理ですが、採食がしっかりできているか、排便が見られているかを朝一番で確認します。夜行性のため、夜に採食排便を行いますが、動物園での生活に慣れてきたせいか、日中にも動いている様子も確認ができます。ただし、すべては把握できないので、飼育員の感と経験を生かして夜の様子を想像しています。, そして体重測定を行っています。野生個体を毎日、体重を計測することは不可能です。クロウサギの基本的な情報として非常に意義のあるデータとなります。幼獣から成獣までの体重推移や季節変化など、初めての知見も得ることができました。, 日中は基本的に寝箱に入って休んでおり、姿を見ることはできません。ただ何もしていないわけではなく、ウサギの仲間で見られる食糞行動をしていることがわかっています。これは、柔らかい盲腸便を排出し、腸内細菌が作り出したアミノ酸やビタミン類を摂取するという行動です。うんちを食べることが、生きることに非常に重要になっているのです。, 夕方の薄暗い時間になると、寝箱から出てきて活動を開始します。うんちをしたり、エサを食べたりとのんびりしています。ただ人の気配を感じるとすぐに隠れてしまい、人に慣れることはあまりありません。, また月に1回は定期検診を実施しています。ケガを負って収容されたウサギですので、すべての個体に定期的に必要な処置があります。顎がずれた個体は、伸び続ける歯のトリミング、骨の変形などを把握するためのレントゲンは必須です。それ以外にも健康状態を把握するための採血も実施します。, 交通事故で顎がずれてしまったメスのテツコ。毎月きれいに切っていますが、このようにまた伸びてきます…, まだまだ解明されていないアマミノクロウサギについて、日常の飼育から得られる知見を少しでも集積しようと飼育担当者、獣医師が管理しています。非公開ではありますが、年に1~2回ほどは特別公開も実施していますので、その際はなかなかじっくり観察できない本種を間近で観察してもらえればと思います。地元鹿児島を代表し、世界的にも希少な本種の飼育記録ができることは大変貴重であり、今後も得られた情報を少しでも発信できればと思います。. 動物園では見る事の出来ない特別天然記念物のアマミノクロウサギを奄美大島のナイトツアーで観察できます。天気の良い日は、今までに見たこともない満天の星空を眺める事が出来ます。 属 : アマミノクロウサギ属Pentalagus Lyon, 種 : アマミノクロウサギ P. furnessi 学名:Pentalagus furnessi 和名:アマミノクロウサギ 英名:Amami rabbit 形態:頭胴長(体長)41.8 - 51センチメートル。尾長1.1 - 3.5センチメートル。体重1.3 - 2.7キログラム。 日本動物園水族館協会(日動水・jaza)に非加盟の「アマミノクロウサギ飼育施設」 日本動物園水族館協会(日動水・jaza)に加盟していない日本国内の施設(個人を含む)で、飼育されているアマミノクロウサギの情報を以下に記します。. 鹿児島県奄美大島及び徳之島の2島にのみ分布; 高齢級林あるいはそれに隣接した餌量の多い場 … アマミノクロウサギに会える動物園はどこ? 1984年から1989年にかけて、鹿児島市の平川動物園では日本で初めて、アマミノクロウサギの繁殖に成功しています。 鹿児島・奄美大島などに生息する国の特別天然記念物アマミノクロウサギが車にはねられ死ぬケースが25日までに相次いでいるとして、環境省奄美野生生物保護センターが注意を呼び掛けている。ドライバーに運転時の注意事項を書いたチラシを配布。 本稿では奄美大島におけるアマミノクロウサギ観察ツアーを事例として取り上げます。 アマミノクロウサギは世界で奄美大島と徳之島の2島のみに生息する固有種であり、近い将来において野生で絶滅する危険性が高い絶滅危惧ib類に登録されています。 鹿児島県徳之島町では2018年にアマミノクロウサギを守る取り組みとして「gcfアマミノクロウサギふるさと納税」を募集させて頂き、林道への自動車専用ゲートの設置等、アマミノクロウサギを守る取組みを行いました。 å‹•ç‰©å…¬åœ’は48歳になります, ▶ 公益財団法人鹿児島市公園公社について. 鹿児島・奄美大島などに生息する国の特別天然記念物アマミノクロウサギが車にはねられ死ぬケースが25日までに相次いでいるとして、環境省奄美野生生物保護センターが注意を呼び掛けている。ドライバーに運転時の注意事項を書いたチラシを配布。 その一環で、奄美大島と徳之島に生息する国の特別天然記念物「アマミノクロウサギ」の保護収容も行っています。 現在3頭のクロウサギが当園の動物病院で飼育されており、定期的に検診を実施し、健康状態のチェックや必要な治療を行っています。 アマミノクロウサギと同じように、ナキウサギも生きた化石です。 現在、日本の動物園で見れる? 先ほど述べた通り、過去には鹿児島市平川動物公園で飼育し公開していましたが、現在は公開し … 3年目の挑戦! 島の人もアマミノクロウサギも みんなが笑顔で暮らせる島に. アマミノクロウサギ; 学名 Pentalagus furnessi; 絶滅危惧ⅠB類(環境省第4次レッドリスト) (2)分布及び個体数. アマミノクロウサギと共に暮らす島プロジェクト」ですが、全国の皆さまからのあたたかい応援によって目標金額147万円(寄附件数121件寄附額1,470,000円※12月28日16時現在)を達成することが出来 … いわゆる「 アマミノクロウサギ訴訟 」です。 この訴訟は1995年に鹿児島地方裁判所に提起されたもので、原告すなわち訴えを提起した者がアマミノクロウサギ、オオトラツグミ、アマミヤマシギ、ルリカケスとなっていたという訴訟でした。