「Wi-Fiミレル」は、ご自宅やオフィスなどのWi-Fi環境を計測し、表示することができるアプリです。 現在接続されているWi-Fiの電波強度やヒートマップなど、Wi-Fi電波を“見える化”することで、より快適なWi-Fi環境を実現するお手伝いをします。 マンションの部屋でWi-Fiを使っていて、時々「なんか遅いな〜」とか「寝室でだけつながりにくい!」とかいう、小さな不満はありませんか? 実はそのWi-Fi環境に関する不満、改善する方法があるみたいですよ。マンション・ラ・・・もっと読む 電波強度はどのぐらいの数値があれば良いの? Wi-Fiの使い勝手を示す数値として電波強度ってあんまり使われないから、 どのぐらいの数値ならWi-Fiが快適に使えるのかがちょっと分かりにくいよね。 一般的な電波強度の目安は ・~-50dbm・・・優良。 隠しコマンドで起動するiPhoneのフィールドテストモードは、電波強度を数値化できることで有名。しかし、iOS11以降ではフィールドモードには入れるものの、電波の数値化には対応しなくなっています。そんな電波強度の隠しコマンドが、iPhoneとAndroidそれぞれに用意されているのでした。 接的な電波測定が必要であり,携帯電話無線ネットワーク専用の 測定器を使ったサービスエリア評価がなくなることはない。 我々は,このようなサービスエリア評価のための測定器 ml8780a/81aエリアテスタ(図1)を開発し,携帯電話事業者,基 RSSI強度の目安として-30dBm~-40dBmで無線接続が安定します。 -60dBm以下は、無線接続が不安定になる場合があります。 RSSI強度は目安にはなりますが、電波干渉やノイズなどは確認できません。 単なる目安にすぎない。 対してASUは、電話機で受信した電波強度(単位は一般に dBm で表わされる)に 比例 する整数値であり、電波ピクトよりもはるかに正確な値である。 ちなみにdBmは、このように定義されている。 → dBm – Wikipedia. 無線ルーターを選ぶ上で、状況によっては一番重要なポイントとなるのが電波強度です。これは「アンテナの性能」と考えればよく、電波強度が強ければ強いほど、より遠くの機器と安定した通信が可能になります。 D: -55 dBm E: -48 dBm F: -48 dBm G: -55 dBm. 電波強度はノーマルかハイパワーか. 「明らかに電波が入っている地域なのに圏外になる!原因は何?どうすれば直せる?」スマホを使っていると、このような症状が出てしまうことも珍しいことではありませんよね。しかし、多くの場合が機械の故障が原因ではなく、設定を少しいじると簡単に治すこと 【電波強度】 携帯電話回線の電波強度を取得するアプリです。 (Wi-Fiの電波強度については → Wi-Fiスキャナー(TAMAO)) 電波強度は通常dBm値やasu値が使われますが、最小値や最大値が分かりにくいので パーセンテージ表示にしています。 電波強度の目安 GSM, CDMA, EV-DO → 50%以上 LTE → 15%以上 で … WiFiの電波強度は、スマホのアプリで測定できます。そこで今回は、WiFiの電波強度を測定できるアプリをご紹介します。PCソフトやWEBサイトでも測定できるので、目的に応じて使い分けましょう。また、WiFiの電波強度を上げる方法もご紹介しますので、参考にしてくださいね。 無線lanルーターを購入する際に、「このルーターの電波はどこまで届くのか?」というのは、誰しもがきになることだと思います。明確な「ものさし」はありませんが、電波到達距離が落ちてしまう原因やアンテナの性能について紹介します。 電波の強さ(強度)を示す値の一つにRSSIというのがあります。Received Signal Strength Indication ですから「受信信号強度の指数」ですね。その数値の目安は、次のとおり(dBm)。 – 20 Excellent – 30 Excellent – 40 Excellent – 50 Excellent – 60 better – 70 good – 80 not good 発射する電波が著しく 微弱な無線局 市民ラジオの 無線局 空中線電力が 1W以下の無線局 登録局 3mの距離における電界強度が右の表の値以下 であるもの 500mの距離における電界強度が200µV/m以下 +告示(電波型式、周波数規定) お住いの地域の電波の強さってわかりますか?電波が強い順に、強電界地域、中電界地域、弱電界地域という言われ方をします。電波の強さによって受信可能なアンテナの種類が変わってきますので、知っておいて損はないですよ。 Wi-Fiとかいてウィフィとは読みません。ワイファイです。 目に見えないものってなかなかどうしてとっつきにくいものですが、それをアプリというツールを通して見えるようになればちょっとだけ世界が広がる、そう感じませんか? Wi-Fiの電波強度について簡単に説明しておくわ。 Wi-Fiの電波強度は「dbm(デシベルミリワット)」という単位で表されるのが一般的で、 dbmは0から-100で表示され、0に近い方が電波が強いことになるのね。 Wi-Fiの電波強度は ・Wi-Fiミレル ・WiFi Analyzer WiFiの無線の電波の受信強度は普通は-30dBm~-60dBmくらいの数字になるらしい。(上記のWikipediaだと無線の送信の電波強度が書いてあるのがちょっと紛らわしい。 【MetaGeek】Wi-Spyシリーズは、従来のスペクトラムアナライザよりもコンパクトで扱いやすく安価なものを作りたい、という発想から開発されました。Wi-Spyシリーズは、採掘、石油、ガス、工場、医療など、さまざまな分野において無線干渉のサイトサーベイに使用されています。 電波状況を詳しく把握しておきたいという方は、今回ご紹介するハックを使えば、電波状況を示すバーをデシベル数(dBm)で表示することが可能です。脱獄も不要でやり方も簡単。 「Redmond Pie」によるとIPhoneの電波状況を数値化する方法は下記の通り。 電波防護のための基準値. 電波防護指針ならびに関係法令における電波の強さの基準値は、電波の「熱作用」により体温が上昇し、人体に影響が出る可能性があるとされる値に十分な安全率(10倍~50倍)を … ※電波強度を表すdBmとasuはあくまでも目安です。 統一規格などがある訳でもなく、表現方法はメーカーによってバラバラです。 ただし同一端末で計測すれば善し悪しの判断くらいはつきます。 先日より購入予約を行なっていた Apple iPhone 7 Plus がようやく手元に届き、使い始めています。 新たにiPhoneを購入した時には初期設定やアプリのリストアといった作業ももちろん行ないますが、個人的にそれと併せて必ずやることのひとつがアンテナピクト(電波強度表示)の表示方法変更。 WiFiがうまく繋がらなくてイライラした経験はないでしょうか。ここではWiFiを繋がりやすくするための方法を紹介します。また、電波が届く範囲を拡げることができる無線LAN中継器について詳しく解説するとともに、おすすめの商品も紹介します。 一番弱いところでも-55dBmであり、建物内どこにいても電波は「強」状態であることが分かりました。 前段でも書きましたが、実際の生活においては電波を遮断するもの、電波を妨害(ノイズになる)ものがあります。 その中に「電波強度」という項目があるのでこちらをチェックしましょう。 dBmとasuという2つの表示を確認できると思いますが、どちらも“数字”が大きくなればなるほど電波状況が悪いことを表しています。 なお、 同じ電波強度(dBm)を受信していても、キャリアによってアンテナピクトの本数が異なります。また、携帯端末の種類(ガラケーやスマホなどの機種)によっても表示される本数は異なります。 ( 電波強度 - ノイズ強度 ) = SNR ⇒ Current Signal Strength(dBm)- Current Noise Level(dBm)= SNR(dB) ということは、電波強度が「-40dBm」でノイズ強度が「-90dBM」なら、(-40) - (-90) = 50 と分かります。 SNRが50dBというのは良い方です。 先日のWiFiの電波が堪えられないと自殺した少女の話で、1つ思い出したことがありました。 日本の無線LANルータやアクセスポイントは、免許や登録の必要ない小電力無線局として扱われます。 以前は電波法で10mW(0.01W)が最大出力でした。 現在は1Wまでその範囲が拡大されたようです。