1975 ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven, 1770~1827)作曲の交響曲第8番 ヘ長調 Op.93の解説のあと、名盤をいくつかレビューしていきたいと思います。最後にスコアをご紹 … 【曲目】 ベートーヴェン: (1)交響曲第7番 イ長調 Op.92 (2)交響曲第8番 ヘ長調 Op.93 【演奏】 ブルーノ・ワルター(指揮)、コロンビア交響楽団 クラシック音楽など全く縁のない方も一度は耳にしたことのある冒頭の有名な4つの音。 ベートーヴェンが弟子のアントン・シントラーの問いに「運命はこのように扉をたたく」と答えたことからこの交響曲第5番は「運命」と呼ばれるようになりました。 まずは劇的な冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。 カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 これほど有名なベートーヴェンの「運命」ですが、冒頭のこの … ベートーヴェンが机の中に隠していた「不滅の恋人」へというラブレターが書かれた頃にこの『第8番』は作曲されています。ラブレターを生涯捨てなかったという事はこの恋愛が如何に真剣だったかを窺わせます。思い人を忘れなかったためにラブレターも捨てられなかったのでしょう。 『第8番』は『第7番』と同時期の作品ですが、恋愛の喜びを表す上で、ベートーヴェンがこんなにはしゃいで、楽しく、ユーモラスに作曲した楽曲を他に知りません。『第4番』も恋愛が絡んでいましたが、『第8番』はもっ … 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 9. シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』 2. 更新日:2019年12月28日, ベートーヴェン『交響曲第8番』を皆さんどう聴いていますか?他の交響曲に比べてマイナーなイメージがあり、演奏機会もそう多くはありません。この交響曲を名曲と見るかどうか、難しい問題です。一層難しくしているのが、ベートーヴェン本人が一番のお気に入りだったという事です。, この『第8番』を『運命』や『第9』と同列に名曲とするのには、私は少し抵抗があります。そこまで、傑作でしょうか。ベートーヴェン的特徴を備えている事は十分に理解できますが、音楽評論家が言うように他の交響曲と比較して遜色ないとは思えないのです。, 決して駄作とは思いませんが、私はこの交響曲を1歩引いて解説していこうと思います。楽しくて活気あふれる交響曲ですが、他の交響曲のように著名な作曲家がこの楽曲を称して様々な事を語っていないところを見ると、やはり『第8番』は一段落ちると見た方が自然だと思います。, ベートーヴェンが机の中に隠していた「不滅の恋人」へというラブレターが書かれた頃にこの『第8番』は作曲されています。ラブレターを生涯捨てなかったという事はこの恋愛が如何に真剣だったかを窺わせます。思い人を忘れなかったためにラブレターも捨てられなかったのでしょう。, 『第8番』は『第7番』と同時期の作品ですが、恋愛の喜びを表す上で、ベートーヴェンがこんなにはしゃいで、楽しく、ユーモラスに作曲した楽曲を他に知りません。『第4番』も恋愛が絡んでいましたが、『第8番』はもっと進んで結婚まで考えているようなベートーヴェンです。, 「不滅の恋人」には「完全にあなたと一緒か、あるいはまったくそうでないか、いずれかでしか私は生きられない」とまで書いており、この恋愛が激しいものだった事を教えてくれます。このような事情から『第8番』は個人的な事情で作曲されたものと分かります。, ベートーヴェンは交響曲を作曲すると、自分が親しい尊敬する相手に楽曲を献呈するのが習わしでした。しかし、この『第8番』だけは誰にも献呈していません。これも、個人的な交響曲だからこそ、自分の宝物としておきたかったのではないかと想像できるわけです。, 『第8番』はベートーヴェンの交響曲の中で最も聴く機会がない交響曲かもしれません。イコール最も人気がない交響曲という事でしょう。これをどう理解すれば良いのでしょうか。やはり、『第8番』は名曲とは呼べないのではないかと見る方が正しいのだと思います。, 多くの音楽評論家と称する方々が、この交響曲は演奏時間が30分にも満たない小規模の交響曲ですが、内容的には傑作の範疇に入るとの見解を述べています。本当にそうなのか、私には分からない交響曲です。緩徐楽章がなく、ベートーヴェンには珍しく陽気な楽曲です。, ベートーヴェンらしい彼にしか出来ないであろう事がいくつかありますが、それを以てしても、傑作の中に入れるのはどうかと思います。他の交響曲と違って、ベートーヴェンにとって時代を超える様な、特別な意味を感じません。あくまでも普通に楽しめる楽曲です。, 『交響曲第7番』と共に、「傑作の森」を締めくくるにしては、音楽的深みがない交響曲だと思います。その点で何度も言っているように、この『第8番』を「傑作の森」の交響曲とは同列に扱えないと思っています。良い曲だとは思いますが、歴史の重みに耐えられるか分かりません。, ベートーヴェンにしては最初から肩ひじ張らずに聴ける、飽きないで一気に聴き通せる、面白い交響曲です。ベートーヴェンらしいアイデアが様々に顔を覗かせる交響曲です。これから、楽章毎にその一つ一つを見ていきたいと思います。, 第1楽章は序章もなくいきなり第1主題から演奏されます。交響曲ではこんな始まり方はこの『第8番』だけです。この事がこの『第8番』が小物の交響曲ともいわれる所以になっていると思います。同時期に書かれた『第7番』にはスケールの大きな序章が付いています。, この楽章はいきなり幸せの宣言で始まっているのです。フォルテで表現される音楽やスフォルツァンド(アクセントのついたフォルテ)が多用されています。古典的な交響曲とは一線を画しています。最後は出だしの勢いとは全く異なり、あっという間に終わってしまいます。, アクセントの良い木管の和音で始まります。ユーモラスな感じのメロディであり、木管と弦楽器が対話しているような感じです。当時はメトロノームをイメージして書いたといわれていましたが、今日ではそれが否定され、ハイドンの『時計』を意識したのではと言われています。, この楽章を通して続く木管楽器の和音は、規則的に動く時計のような機械を連想させ、可愛らしく楽しい雰囲気を醸し出しています。この楽章は短くて、あっという間に終わってしまいます。交響曲の第2楽章は普通、緩徐楽章ですが、この『第8番』はそうではありません。, 第3楽章にポストホルンの旋律が出てくることは有名です。当時、ポスティリオンと呼ばれる郵便馬車の御者は町の城門を入ったところでラッパを吹き、メロディの種類によって何頭立ての馬車かとか急行便か鈍行便かなどを知らせたそうです。ベートーヴェンはそれを表現したようです。, ドミソの3つの音からなる単純なメロディですが、彼にとってそれは、待ち焦がれる恋人や手紙の到着を知らせる幸せの印だったに違いありません。ここにもベートーヴェンの恋愛の印が刻まれていたのです。そう考えると、ベートーヴェンのうきうきしたような感じが良く表現されています。, 激しいリズムと強弱変化、大胆な転調がこれでもかと盛り込まれた意欲的な楽章です。まるで、嵐のように情景がくるくると変わり、熱気に溢れた情熱がエネルギッシュに突き進んでいるかと思いきや突然分断されるなど、この楽章でもユーモアが冴えわたっています。, そしてわざとらしく長々と盛り上げられ、クライマックスを迎えます。この最後のコーダの部分はしつこくこれでもかと繰り返され、「意図的なしつこさ」と言われています。『運命』の最後をベートーヴェン自身が茶化して作曲したものと考えられています。, 『交響曲第8番』は一気呵成に聴ける音楽ですが、聴き終えて感動と言う物が伝わって来ません。不思議な交響曲です。ベートーヴェンが愛する人を思って書いたものと言われていますが、ベートーヴェンの楽しさは伝わって来ますが、いかんせんそれだけの交響曲です。, 音楽史に残るような名曲とは思えないところがそこにあります。ベートーヴェンは「聴衆が交響曲第8番を理解できないのは、この曲があまりに優れているからだ」と言ったそうです。ベートーヴェンは果たして本当にそう思っていたのか永遠の謎です。, ベートーヴェンが生み出した歴史的名曲『交響曲第9番』。そしてクラシックファンにとって第9と言えば、20世紀の巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラーが指揮する1951年のバイロイト祝祭音楽祭の第9、通称「, 2019.06.21 ベートーヴェン:交響曲 第9番「合唱」が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 交響曲第8番ヘ長調,op.93 この曲はベートーヴェンの9つの交響曲の中では,ちょっと陰の薄い存在なのですが,いろいろな点で個性的な曲となっています。何といってもユーモアのセンスが所々に散りばめられているの特徴的です。 otomamire, オペラは16世紀にイタリアで誕生しました。その歴史から、長くオペラはイタリア・オペラが正統派とされ、イタリア語で上演されるものとして発展していきます。18世紀に入りドイツでもオペラが盛んになって、初め, 2020.07.30 ベートーヴェン「交響曲第7番」解説. 【ニッポン放送開局65周年記念】ベートーヴェン : 交響曲第8番 & 第9番~フィナーレ / 山田一雄 | NFC交響楽団 (Beethoven / Kazuo Yamada & NFC Symphony Orchestra) [国内プレス] [MONO] [日本語帯・解説付]が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能で … この「幻の第8番」、一体どんな音楽だったのだろうか? * シベリウスの生んだ交響曲たち まずは、おさらいをしてみよう。シベリウスには「交響曲」と題された作品が8つある。 クレルヴォ交響曲 1892年/26歳ころ 交響曲第1番 1899年/33歳ころ また、ベートーヴェンの9つの交響曲の中で唯一、誰にも献呈していない交響曲です。 第8番はベートーヴェンの9曲の交響曲の中でも演奏時間が30分程度と短く、また各楽章もコンパクトな印 … 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen) ベートーヴェン(ベートーベン)『交響曲 第8番 へ長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。 孤独のクラシック ~私のおすすめ~ クラシックおすすめ曲のご紹介と、歴史探訪のブログです。 丸山桂介氏の解説によると(スウィトナー ベートーヴェン交響曲第4番、第8番 DENON coco-6854)、第2楽章の冒頭には様々な説があり、メトロノームのリズムを模した、鍛冶屋のリズムを模した、という … 1761 578 otomamire. ベートーヴェン:交響曲全集(ベーレンライター版/ジョナサン・デル・マー校訂版) Disc1 交響曲第1番ハ長調 Op.21 [24:42] 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』[49:09] 録音時期:2015年10月6,12日 Disc2 交響曲第2番ニ長調 Op.36 [30:51] Copyright © otomamire All Rights Reserved. 14880 ベートーヴェン: 1. 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen) 1. 2753 ベートーヴェン交響曲第5番「運命」を解説!誰もが聞いたことのある名曲を改めてもう一度 2018年4月19日 ←閲覧中の記事; 究極のリズムと深い祈り。屈指の名曲ベートーヴェン交響曲第7番解説。本当のベートーヴェンらしい曲とは? ベートーヴェン : 交響曲第3番「英雄」 & シューベルト : 交響曲第8番「未完成」 / アルトゥーロ・トスカニーニ | NBC交響楽団 (Beethoven: Symphony No.3 & Schubert: Symphony No.8 / Arturo Toscanini & NBC SO.) 第1楽章:Poco Sostenuto-Vivace. ルートヴィヒ ヴァン ベートーヴェン (1770.12.16.ボン-1827.3.26.ヴィーン) 交響曲第8番ヘ長調作品93(1812) 本日はオーストリアのヴィーンに住む大作曲家ベートーヴェン氏の第8交響曲を聴きにお越し下さり、まことにありがとうございます。 ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」を解説! 「音楽の父」とも呼ばれるベートーヴェン。 彼は多くの名曲を後世に遺しました。 交響曲「田園」は彼が書いた曲の交響曲の中でも人気の高いも … 交響曲 第7番 イ長調 作品92 <disc4> 8. 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen) 交響曲第8番ヘ長調 Op.93 2. 冒頭、力強く響き渡る一音に続きオーボエが牧歌的な旋律を奏でます。序奏は穏やかな旋律を何度も挿み、16分音符の上昇音型が反復されながら高まっていきます。 クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. 交響曲第5番ハ短調はベートーヴェンのとても有名な曲で、いわゆる『 運命 』です。 『運命』と言われただけで「ジャジャジャジャーン」とメロディーが脳内再生されちゃいますよね。 今回は交響曲第5番ハ短調とベートーヴェンの解説をします! alamicus 交響曲第6番 ヘ長調 (こうきょうきょくだい6ばん ヘちょうちょう)作品68は、ドイツ 古典派の作曲家 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年 - 1827年)が1808年に完成させた6番目の交響曲。 作曲者によって『田園(ドイツ語: Pastorale )』の標題が付されている。 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen) otomamire, ショパンは生涯のほとんどをピアノ独奏曲の作曲にあて、ピアノの世界観を塗り替えた作曲家として有名です。「ピアノの詩人」とも呼ばれ、大変人気の高い作曲家でもあります。ショパンを弾きたくてピアノを習い始めた, 2020.10.06 2854 ピアノ協奏曲ニ長調 Op.61a(原曲:ヴァイオリン協奏曲) ゴットリーブ・ヴァリッシュ(フォルテピアノ/1825年ウィーン、フランツ・バイヤー製) ウィーン・アカデミー管弦楽団(ピリオド楽器使用) クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『交響曲 第7番 イ長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。のだめカンタービレのエピソード。 ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮) 録音時期:1948年10月24日(1)、1952年12月8日(2) ベートーヴェンの交響曲の中では古典的な均整の際立つ作品で、ロベルト・シューマンは、「2人の北欧神話の巨人(第3番と第5番のこと)の間にはさまれたギリシアの乙女」と例えたと 交響曲第5番 ハ短調 作品67(こうきょうきょくだい5ばん ハたんちょう さくひん67)はベートーヴェンの作曲した5番目の交響曲である。 日本では一般に「運命」と呼ばれ、クラシック音楽の中でも最も有名な曲の1つである。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃-1827年3月26日)の代表曲・名曲を年代を追って整理しています。 ここで... 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen), ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker). otomamire, 交響曲を除く管弦楽曲、つまり、オーケストラで演奏される楽曲は、バロックから考えても、夜空に浮かぶ星のように、数えられない位の数になります。現在まで生き残っている楽曲でも、玉石混交です。そんな中から名曲, 2019.10.14 otomamire, 世の中にはとても有名なクラシックの音楽がたくさん存在しています。しかし、モーツァルトやベートーヴェンのように、名曲が次々と出てくるような作曲家ばかりではありません。1曲だけが非常に有名なのにその他の作, 2020.09.25 otomamire, ベートーヴェンは生涯に32曲のピアノソナタを作曲しています。ピアノソナタはベートーヴェンにとっては生涯にわたり作曲し続けたものであり、ピアノの名手だったベートーヴェンにとって無くてはならない最も身近な, 2020.04.15 ベートーヴェン : 交響曲第3番「英雄」 | 交響曲第9番「合唱つき」 / ヘルベルト・フォン・カラヤン | ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 [2CD] [Import] [日本語帯・解説付]が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。 [CD] [国内プレス] [日本語帯解説付]が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。 交響曲 第4番 変ロ長調 作品60 7. ベートーヴェン: 交響曲第1番、第3番、第8番、レオノーレ序曲第3番、パーセル: 組曲、j.s.バッハ: 羊は安らかに草を食み<タワーレコード限定> ベートーヴェンの交響曲第8番は、その名の通りベートーヴェンの作曲した8作目の交響曲です。, ベートーヴェンの交響曲の中では、8番は目立たない存在です。 しかし、交響曲の伝統を維持しつつ、ベートーヴェンらしさは健在の作品です。 音楽ファンの中では8番を推す人もおり、小規模ながら緻密に出来上がった傑作の一つでもあります。, 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen), 交響曲第8番は交響曲第7番などとともに1814年に初演されました。 7番のほとんどが完成した後、1812年にテープリッツで養生しているときに作曲しはじめ年内に完成したと言われています。, この反応に対しベートーヴェンは「聴衆が交響曲第8番を理解できないのは、この曲があまりに優れているからだ」と言ったそうです。 交響曲第8番はベートーヴェンの9曲の交響曲のうち、誰にも献呈されていない唯一の曲でもあります。 誰からも頼まれてもいない交響曲を発表したのです。 ベートーヴェンにとって交響曲第8番は自信作だったのでしょう。 反応の悪さに納得がいかなかったのは、想像に難くありません。, また交響曲第8番は他の交響曲に比べて小規模なため、スケールが小さいと言われることもあります。 演奏時間も交響曲の中で最も短く30分かかりません。 しかしスケールが小さいと言うには早計な気もします。 1楽章こそゆったりとした印象を受けますが、4楽章はベートーヴェンらしい力強い音楽です。, 「第九」が初演されたのは1824年です。 ベートーヴェンは7番と8番を作曲してから、しばらく交響曲を書きませんでした。 もしかすると、この2曲はベートーヴェンにとっての一つの区切りだったのかもしれません。, 交響曲第8番には数多くの録音が残されています。 演奏の聴き比べをして、お気に入りの演奏も見つけたいですね。, 交響曲第8番の1枚目のCDを買うのであれば、間違いなくオススメできるCDです。 カラヤン指揮・ベルリン・フィルハーモニーのベートーヴェン交響曲全集が一度に手に入ります。 輸入盤で格安で購入できるだけでなく、音質も素晴らしいです。, カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 カラヤンの美学とベルリンフィルの名演が絡み合って、最高のハーモニーを奏でています。 カラヤンらしさが一番感じとれる時期かもしれません。, ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) オーストリアの指揮者, 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 世界を代表するオーケストラの一つで、日本において絶大な人気を誇る。 重厚なドイツ的サウンドを奏でながらも、バラエティに富んだプログラムを演奏し常に世界の最先端をリードしている。. 6.