2019年5月26日から6月9日(2019年第22~23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」。 4回戦で対戦する錦織とペールのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。 D.エバンズ vs. 錦織 圭の速報ページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)のテニスページです。テニスの速報、ニュース、大会日程、トーナメント表、結果、選手情報を紹介します。 4回戦ゴフィンの試合に勝てば. 全米オープンテニス錦織圭選手(24)の速報です。 シーズン最後のグランドスラムで、日本勢92年ぶりに8強入りした錦織選手は、日本時間4日午前4時過ぎのセンターコートで、今年の全豪オープン優勝のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)選手と4回戦である準々決勝を行いました。 Copyright © 2017 テニスK All Rights Reserved. 次はいよいよ、ベスト8で. 【速報中!】錦織圭、リオ五輪2回戦の試合を中継&速報中!対戦相手のオーストラリア・ミルマンが快進撃中!ここから巻き返しなるか!?テレビではnhkbs1で放送中、見れる人は見て応援してくださいね。見れない方はこの速報を参考にしていただければと思います。 錦織圭の試合予定と放送予定(テレビ放送・ネット中継)、2021年の出場大会、結果速報と次の試合情報などについて、最新情報・ニュースを随時更新中です。 2020.09.29. 錦織圭│マイアミOP4回戦は20位【ベルギーNo.1】試合時間; 錦織圭│マイアミオープン3回戦ストレート圧勝【結果速報】試合時間 錦織圭選手が4回戦進出となり注目を浴びている全米テニス 2014の4回戦です。 試合結果がとても気になりますが途中経過の速報を書きますね。 第一セットはラオニッチが2ブレークして取りました。 ラオニッチ1-0 ラオニッチのサービスが凄いです。 世界ランキング6位のラオニッチとの対戦です. 2019年7月1日から7月14日(2019年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」の4回戦の結果(男子シングルス)、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。 3時間39分の死闘を制し初戦突破!錦織圭vsエバンズ/全仏OP男子1回戦. 2020年8月31日から9月13日(2020年第35、36週)にアメリカのニューヨークで開催されるグランドスラム「全米オープン(USオープン)」の4回戦の結果(男子シングルス・女子シングルス)、4回戦後の暫定ランキング(男子シングルス)、放送予定を見ていきます。大坂なおみの4回戦の試合は、日本時間9月7日(月)10時頃に開始予定。, 全米オープンの男子シングルスと女子シングルスの4回戦の結果です。<日程>・9月6日(日):4回戦 トップハーフ・9月7日(月):4回戦 ボトムハーフ日本とニューヨークの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます), ※以下、スコアにある各選手の()内の数字は2020年8月31日付の世界ランキングです。, 第1シードのノバク・ジョコビッチ(33歳・セルビア)が第1セット第11ゲームのサービスゲームでブレークを許した直後、コート後方に向かって打ったボールが線審の首元に直撃したことで失格処分となり、第20シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(29歳・スペイン)が全米オープン3年ぶり2回目の準々決勝進出を決めました。第12シードのデニス・シャポバロフ(21歳・カナダ)が第7シードのダビド・ゴファン(29歳・ベルギー)をセットカウント3-1(6-7、6-3、6-4、6-3)で破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。, 第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(23歳・ドイツ)がアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(21歳・スペイン)をセットカウント3-0(6-2、6-2、6-1)で破り、全米オープン初の準々決勝進出を決めました。第27シードのボルナ・チョリッチ(23歳・クロアチア)がジョーダン・トンプソン(26歳・オーストラリア)をセットカウント3-0(7-5、6-1、6-3)で破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。, 第3シードのダニール・メドベージェフ(24歳・ロシア)がフランシス・ティアフォ(22歳・アメリカ)をセットカウント3-0(6-4、6-1、6-0)で破り、全米オープン2年連続2回目の準々決勝進出を決めました。第10シードのアンドレイ・ルブレフ(22歳・ロシア)が第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(24歳・イタリア)をセットカウント3-1(4-6、6-3、6-3、6-3)で破り、全米オープン3年ぶり2回目の準々決勝進出を決めました。, 第2シードのドミニク・ティーム(27歳・オーストリア)が第15シードのフェリックス・オジェ アリアシム(20歳・カナダ)をセットカウント3-0(7-6、6-1、6-1)で破り、全米オープン2年ぶり2回目の準々決勝進出を決めました。第21シードのアレックス・デミノー(21歳・オーストラリア)がバセク・ポシュピシル(30歳・カナダ)をセットカウント3-0(7-6、6-3、6-2)で破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。, ※ジョコビッチは失格処分により獲得したポイントは剥奪となりました。新型コロナウイルスの影響による特例措置として、ATPファイナルズを除き、2020年3月以降に失効日を迎える2019年に獲得したポイントの期限が52週間延長されたため、今大会で獲得したポイントが2019年の同大会のポイントを上回ればポイントを入れ替えます。(ランキング対象の18大会に同じ大会を2つ含むことはできない)・獲得ポイントが2020年>2019年だった場合 4R後ポイント=基礎ポイント+(2020年-2019年)ポイント・獲得ポイントが2019年≧2020年だった場合 4R後ポイント=基礎ポイント暫定ランキング(ポイント)に間違いが見つかれば修正します。, WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。, 放送する対戦カード、詳しい放送スケジュールについては『WOWOW放送内容・放送スケジュール』でご確認ください。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 【2021年】マレー・リバー・オープン、グレート・オーシャン・ロード・オープンの大会情報(ATP250), 【2021年】デルレイビーチ・オープン、アンタルヤ・オープンの結果(ATP250), 【2021年】デルレイビーチ・オープン、アンタルヤ・オープンの大会情報(ATP250). 9月27日 全仏オープン 初日。 錦織圭(日清食品)が登場、第32シードの ダニエル・エバンズ(30歳、英国) と4時間の激戦の末、1-6、6-1、7-6(3)、1-6、6-4、で破り、全仏オープンでは6年連続10回目の初戦突破を果たした。 錦織の2回戦は30日(水)の予定。 2019.7.2 21:20 (1/3ページ) 【試合結果】錦織、8年連続で2回戦進出!世界113位モンテイロにストレート勝ち/ウィンブルドン ウィンブルドン2019・男子シングルス結果速報と、スコア・勝ち上がりを反映したドロー(トーナメント表)を掲載しています。第8シード錦織ら日本人選手の成績についても触れます。 画像キャプチャ元:atp公 2020年8月31日から9月13日(2020年第35、36週)にアメリカのニューヨークで開催されるグランドスラム「全米オープン(usオープン)」の4回戦の結果(男子シングルス・女子シングルス)、4回戦後の暫定ランキング(男子シングルス)、放送予定を見ていきます。 勝敗 ラウンド 対戦相手 対戦相手ランク スコア; Win: 1回戦: ダニエル・エバンズ(イギリス) 34: 1-6 6-1 7-6(3) 1-6 6-4: Lose 2021年1月5日から1月14日までデビレイビーチ・オープン(ハード、atp250)がアメリカ・フロリダ州のコーラルスプリングスで開催されます。昨年のデビレイビーチ・オープンは2月に開催されましたが、錦織選手は怪我のため欠場しています。前回 Copyright © 2017 テニスK All Rights Reserved. 男子テニスで82年ぶりのベスト8をかけた【全仏オープンテニス2015】 第4回戦目となる錦織圭vsガバシュビリ戦の速報結果と反応をまとめました。 錦織圭 全仏オープン 速報 4回戦結果は?雨から再開後崩れ8強逃す! 2年連続のベスト8進出とはならなかった! 【関連動画】 【28日速報! テニスの錦織圭と大坂なおみの出場試合(2020年)の日程・結果です。テニスを楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。 - 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。 ... 砂入り人工芝)にて女子シングルス1-4回戦回戦が行われ、ベスト8が出揃った。3・4回戦の結果は以下の通り。 ... スコア速報. 2019年5月26日から6月9日(2019年第22~23週)にパリ(フランス)で開催されるグランドスラム「全仏オープン(ローラン・ギャロス)」。, 錦織圭の4回戦の対戦相手は、世界ランキング38位のブノワ・ペール(30歳・フランス)。, 直近の対戦は2019年のドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ハードコート)の1回戦で、錦織がセットカウント2-0(6-4、6-3)で勝利しています。, また、去年の全仏オープンの2回戦で対戦があり、錦織がセットカウント3-2(6-3、2-6、4-6、6-2、6-3)で勝利しています。, 6月2日(日):スザンヌ・ランラン 第4試合 → 第3セット終了後に日没サスペンデッド。 6月3日(月):スザンヌ・ランラン 第2試合, ※日本時間の6月2日(日) 23時から25時頃に開始予定。(26時30分過ぎに試合開始) →日本時間の6月3日(月)19時以降に再開予定。, 第7シードの錦織圭(29歳・日本)がブノワ・ペール(30歳・フランス)をセットカウント3-2(6-2、6-7、6-2、6-7、7-5)で破り、全仏オープン2年ぶり3回目の準々決勝進出を決めました。, 第1ゲーム、ペールのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、バックハンドのミス(15-30)、ペールのサービスエース、バックハンドのダウンザラインへのカウンターショットでのポイント(40-30)、ファーストサーブでのポイントがあり、ペールがキープ。, 第2ゲーム、錦織のバックハンドのミス、ペールのフォアハンドのクロスへのウィナー、錦織のフォアハンドのミスがあり、0-40とペールにブレークポイントが来ます。, ペールのリターンミスで15-40となった後、ペールのドロップショットからのフォアハンドのロブショットのウィナーが決まり、ペールがブレークに成功。, 第3ゲーム、ペールのフォアハンドのミス、ダブルフォルト、ラリー戦でのペールのポイント、ペールのダブルフォルトがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。, 第4ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、錦織のドロップショットからのロブボレーのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、錦織がラブゲームでキープ。, 第5ゲーム、錦織のフォアハンドのミス、錦織のすばらしいタッチのドロップショット返しの連続ウィナー(15-30)、錦織のバックハンドのミス、フォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。, 第6ゲーム、ラリー戦で錦織のバックハンドのミス、ペールを左右に振り回す錦織の連続攻撃でのポイント、錦織のフォアハンドのミス(15-30)、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールのフォアハンドのリターンエースがあり、30-40とペールにブレークポイントが来ます。, デュース1回目、ペールのドロップショットを錦織が上手く処理してのポイント、錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、錦織がキープ。, 第7ゲーム、ペールのダブルフォルト、グラウンドスマッシュのミス(0-30)、ペールのバックハンドのクロスへのウィナー、ドロップショットのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。, 第8ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。 錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー、ペールの深いリターンでのポイント、錦織のサーブアンドボレーのウィナーがあり、40-15と錦織にセットポイントが来ます。, ペールの深いリターンでのポイント、錦織のフォアハンドの威力のあるショットでのポイントがあり、錦織がキープをして第1セットを先取。, 第1ゲーム、ラリー戦でのペールのポイント(15-0)、錦織の深いリターンでのポイント、ペールのダブルフォルト、フォアハンドのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。, ペールのファーストサーブでのポイント、サーブアンドボレーのウィナーがあり、デュースへ。, デュース1回目、ペールのファーストサーブでのポイント、錦織のバックハンドのリターンエース。, デュース2回目、ペールのサービスエース、錦織のフォアハンドのミスがあり、ペールがキープ。, 第2ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、サービスエース(30-0)、ペールの深いリターンでのポイント、スマッシュでのポイント(30-30)、ラリー戦でペールのフォアハンドのミス(40-30)、錦織のファーストサーブでのポイントがあり、錦織がキープ。, 第3ゲーム、ペールのサービスエース、ラリー戦で錦織のフォアハンドのミス、錦織のリターンミス(40-0)、錦織の深いリターンでのポイント、リターンミスがあり、ペールがキープ。, 第4ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールのバックハンドのクロスへのウィナー、錦織のボレーのウィナー、フォアハンドのミス(30-30)、ファーストサーブでのポイント(40-30)、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、錦織がキープ。, 第5ゲーム、ペールのバックハンドの連続ミス(0-30)、錦織のもったいないフォアハンドのミス、ペールのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント(30-30)、ペールのフォアハンドのミスがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。, デュース1回目、ペールにフォアハンドのミスが出て、錦織にブレークポイントが来ますが、ペールがファーストサーブで凌ぎます。, デュース2回目、ペールのサーブアンドボレーのウィナー、錦織のリターンミスがあり、ペールがキープ。, 第6ゲーム、ペールのリターンでのポイント、ラリー戦での錦織のポイント(15-15)、錦織のフォアハンドのミス、ペールのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、15-40とペールにブレークポイントが来ます。, 錦織のファーストサーブでのポイントで30-40となった後、ペールのフォアハンドのリターンエースが決まり、ペールがブレークに成功。, 第7ゲーム、ペールのダブルフォルト、錦織のフォアハンドのミス、ペールのダブルフォルト(15-30)、ペールのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-30)、ペールのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、ペールがキープ。, 第8ゲーム、ペールのドロップショットのミス、錦織のセカンドサーブでのポイント、ペールの連続リターンミスがあり、錦織がラブゲームでキープ。, 第9ゲーム、ペールのサービングフォーザセット。 ペールのバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー、錦織の見事なバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー(15-15)、ロングラリーでペールのフォアハンドのミス、ペールのバックハンドのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。, ペールのファーストサーブでのポイントで30-40となった後、ペールにダブルフォルトが出て、土壇場で錦織がブレークバックに成功。, 第10ゲーム、ラリー戦でペールのバックハンドのミス、錦織のバックハンドのミス、ペールのバックハンドのミス、ドロップショットのウィナー(30-30)、錦織のバックハンドのクロスへのショットでのポイント(40-30)、ペールのフォアハンドのミスがあり、錦織がキープ。, 第11ゲーム、錦織の深いリターンでのポイント、リターンミス、ペールのドロップショットでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー(40-15)、錦織のリターンミスがあり、ペールがキープ。, 第12ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへの深いショットでのポイント、ペールがリターンから先に攻撃を仕掛けてのポイント、錦織のバックハンドのミス(15-30)、錦織のファーストサーブでのポイント、錦織が先に攻撃を仕掛けてのポイント(40-30)、ペールのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、デュースへ。, デュース1回目、錦織のサービスエース、ラリー戦での錦織のポイントがあり、錦織がキープ。, ペールのサービス 1:サーブを打った後に中途半端に前に出たペールのボレーがネットにかかり、錦織がミニブレーク(1-0), 錦織のサービス 2:ペールのリターンミス(2-0) 3:錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールがミニブレーク(2-1), ペールのサービス 4:ラリー戦でペールにバックハンドのミスが出て、錦織がミニブレーク(3-1) 5:ペールのサービスエース(3-2), 錦織のサービス 6:錦織のフォアハンドのドライブボレーのウィナー(4-2) 7:錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールがミニブレーク(4-3), ペールのサービス 8:ペールのファーストサーブでのポイント(4-4) 9:ペールのバックハンドのクロスへのウィナー(4-5), 錦織のサービス 10:ペールのドロップショットのミス(5-5) 11:錦織にバックハンドのミスが出て、ペールがミニブレーク(5-6:ペールのセットポイントSP), ペールのサービス 12:ペールのドロップショットを錦織が上手く処理をしてからスマッシュのウィナーを決め、錦織がミニブレーク(6-6) 13:ペールのネットプレーでのポイント(6-7:ペールのSP), 錦織のサービス 14:ペールのバックハンドのミス(7-7) 15:錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー(8-7:錦織のSP), ペールのサービス 16:錦織のリターンミス(8-8) 17:ペールのファーストサーブでのポイント(8-9:ペールのSP), 錦織のサービス 18:錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールがミニブレークをして第2セットを取ります(8-10), 第1ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、ラリー戦での錦織のポイント(30-0)、錦織のフォアハンドのミス、攻めていた錦織のボレーミス(30-30)、錦織のファーストサーブでのポイント(40-30)、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、錦織がキープ。, 第2ゲーム、ペールのファーストサーブでの連続ポイント、錦織のドロップショットのウィナー、ペールのフォアハンドのウィナー(40-15)、サービスエースがあり、ペールがキープ。, 第3ゲーム、ペールのバックハンドのミス、バックハンドのクロスへのウィナー、錦織のバックハンドのクロスへのパッシングショットでのポイント、フォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー(40-15)、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、錦織がキープ。, 第4ゲーム、錦織のリターンミス(15-0)、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ペールのフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドのダウンザラインへの深いショットでのポイントがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。, ペールのファーストサーブでのポイントで30-40となった後、錦織がバックハンドのクロスへの深いリターンでポイントを取り、錦織がブレークに成功。, 第5ゲーム、錦織のバックハンドのミス、ペールのバックハンドのミス、錦織のネットプレーでのポイント、ファーストサーブでのポイント(40-15)、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、錦織がキープ。, 第6ゲーム、ペールのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、錦織のフォアハンドの厳しいコースへのリターンでのポイント、ペールのダブルフォルト(15-30)、ペールのバックハンドのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-30)、錦織のフォアハンドのクロスへの深いショットでのポイントがあり、デュースへ。, デュース1回目、ロングラリーで錦織がポイントを取り、錦織にブレークポイントが来ますが、錦織のもったいないフォアハンドのミス(逆クロスへのショットがわずかにサイドアウト)。, デュース2回目、ペールのサーブアンドボレーのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、ペールがキープ。, 第7ゲーム、ラリー戦での錦織のポイント、ペールのリターンミス、錦織のファーストサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナーがあり、錦織がラブゲームでキープ。, 第8ゲーム、錦織が深いリターンから主導権を握ってのスマッシュのウィナー、ペールのファーストサーブでのポイント、錦織の深いリターンでのポイント(15-30)、ペールのサービスエース、バックハンドのミスがあり、30-40と錦織にセットポイント(ブレークポイント)が来ます。, 錦織がリターンから攻めてフォアハンドのクロスへのショットでポイントを取り、錦織がブレークをして第3セットを取ります。, 第1ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールの連続リターンミス、錦織のサーブアンドボレーのウィナーがあり、錦織がラブゲームでキープ。, 第2ゲーム、錦織のリターンミス、ペールのダブルフォルト、ファーストサーブでのポイント、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント(30-30)、ペールのファーストサーブでのポイント(40-30)、ペールのバックハンドのウィナーがあり、ペールがキープ。, 第3ゲーム、ペールのフォアハンドのミス、ロングラリーでペールのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、錦織のバックハンドのミス(15-30)、ペールのフォアハンドのミス、ペールのバックハンドのリターンエースがあり、30-40とペールにブレークポイントが来ます。, 第4ゲーム、ペールのフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(0-30)、錦織のフォアハンドのミス、ペールのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ドロップショットのウィナー(40-30)、ペールのファーストサーブでのポイントがあり、ペールがキープ。, 第5ゲーム、ラリー戦でペールのフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドのミス、フォアハンドのパッシングショットでのポイント、ペールの深いリターンでのポイント(30-30)、錦織のダブルフォルトがあり、30-40とペールにブレークポイントが来ます。, デュース1回目、錦織のサービスエース、ファーストサーブでのポイントがあり、錦織がキープ。, 第6ゲーム、ラリー戦で錦織のバックハンドのミス、錦織のドロップショットのミス、ペールのファーストサーブでのポイント(40-0)、ペールのバックハンドのミス、錦織のフォアハンドのミスがあり、ペールがキープ。, 第7ゲーム、ラリー戦でペールのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ペールのバックハンドのダウンザラインへのウィナー(0-30)、錦織のフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでのポイント、ペールのバックハンドのミス、錦織のサーブアンドボレーでのポイント(40-30)、ペールのバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナーがあり、デュースへ。, デュース1回目、チャンスボールでのペールのフォアハンドのミス、ペールのドロップショットを錦織が上手く処理してのウィナーがあり、錦織がキープ。, 第8ゲーム、ペールのドロップショットのミス、ペールのフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(15-15)、ペールのドロップショットを錦織が上手く処理してのウィナー、ペールのバックハンドのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。, 錦織のフォアハンドのクロスへの深いリターンからのバックハンドのクロスへのウィナーが決まり、錦織がブレークバックに成功。, 第9ゲーム、ペールのグラウンドスマッシュのウィナー、ラリー戦での錦織のポイント、すばらしいディフェンスを見せた錦織のポイント(攻め続けていたペールのドロップショットのミス)、ペールのリターンミス(40-15)、錦織のサーブアンドボレーのウィナーがあり、錦織がキープ。, 第10ゲーム、ペールのファーストサーブでのポイント、バックハンドのドライブボレーのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナーがあり、ペールがラブゲームでキープ。, 第11ゲーム、錦織のバックハンドのミス、ペールのリターンミス、錦織の左右への連続攻撃でのポイント、錦織のフォアハンドのミス(30-30)、錦織の左右への連続攻撃でのポイント(40-30)、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、錦織がキープ。, 第12ゲーム、ペールのバックハンドのアプローチショットでのポイント、ボレーのウィナー、ドロップショットのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、ペールがラブゲームでキープ。, ペールのサービス 2:ペールにダブルフォルトが出て、錦織がミニブレーク(2-0) 3:ペールのサービスエース(2-1), 錦織のサービス 4:錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールがミニブレーク(2-2) 5:ペールのリターンミス(3-2), ペールのサービス 6:甘くなったペールのドロップショットに対する錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、錦織がミニブレーク(4-2) 7:錦織のリターンミス(4-3), 錦織のサービス 8:錦織にダブルフォルトが出て、ペールがミニブレーク(4-4) 9:錦織のファーストサーブでのポイント(5-4), ペールのサービス 10:ペールのファーストサーブでのポイント(5-5) 11:ペールにダブルフォルトが出て、錦織がミニブレーク(6-5:錦織のマッチポイントMP), 錦織のサービス 12:ペールがフォアハンドの威力のあるリターンでポイントを取り、ペールがミニブレーク(6-6) 13:ペールがバックハンドの深いリターンでポイントを取り、ペールがミニブレーク(6-7:ペールのセットポイントSP), ペールのサービス 14:錦織がフォアハンドの深いリターンでポイントを取り、錦織がミニブレーク(7-7) 15:ペールのドロップショットを錦織が上手く処理をしてポイントを取り、錦織がミニブレーク(8-7:錦織のMP), 錦織のサービス 16:錦織にバックハンドのミスが出て、ペールがミニブレーク(8-8) 17:錦織にダブルフォルトが出て、ペールがミニブレーク(8-9:ペールのSP), ペールのサービス 18:ペールがバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ペールが第4セットを取ります(8-10), 第1ゲーム、錦織のリターンミス、フォアハンドのミス、ペールのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント(40-15)、ファーストサーブでのポイントがあり、ペールがキープ。, 第2ゲーム、錦織のフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ラリー戦でのペールのポイント、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー、ペールのバックハンドのクロスへのショットでのポイント(30-30)、錦織のダブルフォルトがあり、30-40とペールにブレークポイントが来ます。, 第3ゲーム、ペールのフォアハンドのクロスへの連続ウィナー、錦織のリターンミス、ペールのフォアハンドのウィナーがあり、ペールがラブゲームでキープ。, 第4ゲーム、錦織のバックハンドのクロスへのショットでのポイント(15-0)、錦織のダブルフォルト、バックハンドのミス、ペールの深いリターンでのポイントがあり、15-40とペールにブレークポイントが来ます。, 錦織のバックハンドのクロスへのショットでのポイントで30-40となった後、ペールがフォアハンドの深いリターンでポイントを取り、ペールがブレークに成功。, 第5ゲーム、ペールのフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー、スマッシュのウィナー、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのアプローチショットでのポイント、ペールのセカンドサーブでのポイント(40-15)、セカンドサーブでのポイントがあり、ペールがキープ。, 第6ゲーム、ペールのフォアハンドの連続ミス、フォアハンドのドライブボレーのウィナー、ドロップショットのミス(40-15)、ペールのフォアハンドのクロスへのウィナー、フォアハンドの深いリターンでのポイントがあり、デュースへ。, デュース3回目、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールのリターンミスがあり、錦織がキープ。, 第7ゲーム、ペールのドロップショットでのポイント、錦織の深いリターンでのポイント、ペールのファーストサーブでのポイント、バックハンドのクロスへのショットでのポイント(40-15)、錦織の深いリターンでのポイント、ペールのダブルフォルトがあり、デュースへ。, デュース1回目、錦織の深いリターンからのフォアハンドのドライブボレーのウィナーが決まり、錦織にブレークポイントが来ます。, 第8ゲーム、錦織のバックハンドのミス、ペールのバックハンドのミス、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールのリターンミス(40-15)、サービスダッシュに出た錦織の横を抜くペールのフォアハンドのダウンザラインへのリターンエース、ペールのフォアハンドの逆クロスへのリターンエースがあり、デュースへ。, デュース1回目、錦織にバックハンドのミスが出て、ペールにブレークポイントが来ますが、錦織のフォアハンドの連続攻撃でのポイント。, デュース2回目、錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールにブレークポイントが来ます。, ペールのバックハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、ペールがブレークに成功。, 第9ゲーム、ペールのサービングフォーザマッチ。 錦織のすばらしいタッチのボレーのウィナー、ペールのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント(15-15)、ペールのダブルフォルト、錦織のバックハンドのクロスへのパッシングショットでのポイントがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。, ペールのファーストサーブでのポイントで30-40となった後、錦織がフォアハンドに回り込んで威力のあるリターンでポイントを取り、土壇場で錦織がブレークバックに成功。, 第10ゲーム、錦織の連続攻撃でのポイント、ペールのドロップショットのミス(30-0)、ペールのリターンでのポイント、攻めていた錦織のもったいないフォアハンドのミス(30-30)、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント(40-30)、ロングラリーでの錦織のポイントがあり、錦織がキープ。, 第11ゲーム、ペールのサービスエース、錦織が先に攻撃を仕掛けてのバックハンドのクロスへの鋭いショットでのポイント、ペールのセカンドサーブでのポイント、錦織のバックハンドの逆クロスへのウィナー(30-30)、ペールのボレーミスがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。, デュース2回目、ペールにフォアハンドのミスが出て、錦織にブレークポイントが来ます。, 第12ゲーム、錦織のサービングフォーザマッチ。 ラリー戦でのペールのポイント、錦織のファーストサーブでのポイント、錦織の見事なバックハンドのロブショットのウィナー、バックハンドのミス(30-30)、錦織の左右への連続攻撃でのポイントがあり、40-30と錦織にマッチポイントが来ます。, セカンドサーブに対するペールのフォアハンドのリターンがネットにかかり、錦織がキープをして勝利。, 錦織圭の全仏オープンの準々決勝の対戦相手は、世界ランキング2位のラファエル・ナダル(32歳・スペイン)。, 直近の対戦は2018年のモンテカルロ・マスターズ(クレーコート)の決勝で、ナダルがセットカウント2-0(6-3、6-2)で勝利しています。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Kei Nishikori vs Benoît Paire – Round 4 Highlights | Roland-Garros 2019, 【2021年】マレー・リバー・オープン、グレート・オーシャン・ロード・オープンの大会情報(ATP250), 【2021年】デルレイビーチ・オープン、アンタルヤ・オープンの結果(ATP250), 【2021年】デルレイビーチ・オープン、アンタルヤ・オープンの大会情報(ATP250). 錦織圭インタビュー(3回戦後オンコート)/全仏オープンテニス2019 錦織圭選手のゲリーウェバーオープン2016、初戦1回戦の試合結果、中継速報です!!対戦相手は若手期待の星、ルカ・プイユ選手。ここはガツンと世界6位の強さを見せつけてほしいですね。がんばれ錦織!